もしもし検定

もしもし検定

電話応対技能検定とは

電話応対技能検定(通称:もしもし検定)とは、2009年にスタートした「お客様に喜ばれるビジネス電話応対」の実現、電話応対のエキスパートとして即戦力になり得る社内の指導者の育成を目的とした検定制度です。

電話を受ける、かける等の電話応対やビジネスマナー、日本語の基本知識等の従来型の「電話応対教育」に加え、場面や人によって臨機応変に応対することができるコミュニケーション能力を養い、電話応対に生かしていく「新しいコミュニケーション教育」を実施しています。

もしもし検定

受講・受検のメリット

資格は級別で、4級・3級・2級・1級・指導者級があります。

段階を踏んで講座を受講することで必要な知識を修得しながらステップアップしていくことができます。
電話応対、ビジネスマナー、言葉遣い、コミュニケーションが学べるので、あらゆるビジネスシーンに対応する能力が養えます。

各級資格について

4級(入門級)

ビジネス電話に必要なコミュニケーションの基礎知識を有する。

*合格者は、3級の7時間以上研修(基本研修の一部と電話の研修)+実技試験のみで3級を受検できる

3級(初級)

ビジネス電話を行うためのコミュニケーションの基礎能力を有する。

*合格者は、2級資格を受検することが出来る

2級(中級)

ビジネス電話を行うためのコミュニケーションの応用能力を有する。

*合格者は、1級の資格を受検することが出来る

1級(上級)

ビジネス電話を行うための社内の指導者として高度な実践能力および指導能力を有する。

*合格者は、指導者級の資格を受検することができる

研修のご案内

http://www.jtua.or.jp/education/moshimoshi/schedule.html

検定のご案内

検定日

4級:毎月開催

3級:1月、3月、5月、7月、9月、11月(年6回)

2級:2月、6月、8月、12月(年4回)

1級:4月、10月(年2回)

※検定日は第1水曜日(祝日の場合は第2水曜日)に開催

費用

3級検定:48,500円

(2日間の講座受講料40,000円、検定料5,400円、資料代3,100円込み)

2級検定:54,580円

(2日間の講座受講料45,000円、検定料6,480円、資料代3,100円込み)

1級検定:57,000円

(2日間の講座受講料48,000円、検定料円7,560、資料代1,440円込み)

※4名以上の受験者がいる場合、講師が御社へ伺い、講座の実施を行います。

お気軽にお問い合わせください。